院長紹介

ご挨拶

「新しい命の誕生」は、ご両親に大きな喜びをもたらしてくれます。私たち『新谷ウィメンズクリニック』のスタッフの願いは、人生の大きな節目である「親」としてのスタートをご家族と一緒によりよいものにしていくこと。そして、それぞれの個性に合った自然な分娩を目指していくこと。そのため妊娠8~9ヶ月にはパースプランを立てて、妊婦さんの希望に合わせた分娩とともに探しています。家庭的な雰囲気の好評を頂いており、クリニック内には安らぎと落ち着きがいっぱい。また、各分野の専門スタッフがあらゆる相談に丁寧に対応しますので、まずは何でもお気軽にご相談ください。

院長 新谷敏昭
副院長 新谷敏治
スタッフ一同


院長 新谷 敏昭

新谷院長

昭和34年 12月7日生まれ

昭和59年 関西医科大学卒業

同 年 医師国家試験に合格

その後、市立宇和島病院 愛媛大学産婦人科助手

山口県光市 梅田病院勤務

県立伊予三島病院産婦人科医長などをへて平成10年4月に現職。

平成8年 医学博士号取得

ページトップへ