院長ブログ

先日の日曜日 映画 ボヘミアン ラプソディー を観ました。
これは、イギリスのロックグループ 「クイーン」 の物語です。

いまでこそ レジェンドグループですが、僕たちの時代はリアルタイムでデビューから解散まで知っています。
最初は中学生の時 デビュー。その当時 情報源はミュージックライフという音楽雑誌とラジオだけでした。

最初にラジオで聴いたとき かっこよかったんですが、その時全盛だったレッドツエッペリン、ディープパープルなどのグループには
まだまだ及ばない感じでした。演奏も最初は あまり上手ではなく評価もあまり高くありませんでした。
その後、日本公演があり そこで爆発的に人気が出てきました。その人気が本国イギリスに飛び火していった感じでした。

LP 「オペラ座の夜」が発表されました。いままでにない世界観のロックでした。壮大でクラシックの要素も入り 一曲6分という当時考えられない長さの曲でした。今では名盤として高い評価ですが、当時評価もまちまちだったと記憶しております。

その後は 飛ぶ鳥を落とす勢いで人気がでて、80年代には押しも押されぬロックグループになりました。
そして ボーカル フレディのエイズ感染 死亡で終焉を迎えました。

映画は、その時代の内幕、特に ボーカル フレディ マーキュリーの人生を描いたものです。
コンプレックス、孤独と不安そして裏切り 葛藤、最後は和解。
見事に クイーンの曲とともに描かれていました。ヒット曲が生まれる過程も面白かった。音響もよく楽しめました。

リアルタイムだけに、当時の僕に投影しながら観ました。
中学生、高校生のときの心境、大学生、社会人になってからの生活、その時の人間関係など。

音楽って リアルにその当時の心境、生活、そして匂いまで明確に思い出させてくれます。
忘れていた感覚が蘇りました。不思議です。

今考えると 1970-80年代は音楽楽しむことも努力が必要でした。ラジオで聞いていい曲だと思っても、それが誰の曲で何という名前の曲なのかわかりません。雑誌やラジオ雑誌をみて いつどの番組でかかりそうか見つけては必死で聴いていました。(エアチェックといってました)また、レコードショップへ行って捜してもないことが多く、がっかりして帰ったのを覚えています。それに加え、お金のない学生にしてはLP2500円は高値の花でした。おこずかいを貯めてやっと買っても、思った音楽でないこともしばしばです。仕方ありません、ちゃんと聴く機会がないのですから。このショックははかりしれません。笑 友達からLP借りてテープに録音したり、仲間と情報交換をしながら音楽生活を楽しんでいました。また、ショップの方に情報をきいて、いい感じ、自分の好みのレコードを選んでいましたね。
松山が長かったので、大手町のモアミュージックさんには いまでもお世話になっています。35年の付き合いです。
現在でも音楽好きの友達が今でも、月一回集まって いい音で好きな音楽を聴く会を開催しています。

今、子供たちの音楽の楽しみ方は全く違います。スマホで検索するとすぐ音源がみつかりyoutubeで聴けます。たいした労力も財力も必要なく音楽が聞き放題のような環境です。CDも売れなくなり、CDショップに行くこともないでしょう。ありがたみがないなあと思うのは、おじさんの意見なんでしょうね。

東京でこの映画観た方の報告だと、満席大盛況だそうです。とくに 若い世代が多いとのこと。若い世代にも人気があるんですね。なにかとてもうれしいです。新居浜はちょっと寂しい入りでしたが、、、

とにかく どういう形であれ 音楽を楽しむことは人生を豊かにすることに繋がると確信しております。それぞれのスタイルで楽しみましょう。

胎内記憶2

一回目の映画を観た方々から いろいろなお話が出てきました。


①妊婦さん自身が4歳くらいの時 はじめてお母様に絵本を読んでもらったとき「このお話知ってる」って言ったそうです。
 いつ聞いたのってお母さんが聞くと おなかの中にいたとき お母さんが読んでくれてた といったそうです。
 お腹の胎児の記憶がそこまではっきりしているとは びっくりしました。
②映画を見たご主人 お母さんに映画の話をすると 「お前が3歳くらいの時 お産の話をしたら 結構しんどかったんよ」って言ったよ。

③映画を観た後、4歳のお姉ちゃんに聞いてみたそう。お姉ちゃん「産まれたとき 頭引っ張られて痛かったよ」
 実際 お産の時 吸引分娩でした。びっくり

④4-5歳のお兄ちゃん お産の時どうだった??て聞いてみると「両手を胸のまえで組んでくねくねしながら出てきたよ。結構大変だった」
 と 言ったそうです。

⑤観た後 子供たちに優しくなれた気がする。

いろいろ 面白いです!
今日 妊婦健診の時 あの映画どうだった??って聞きました。
ご夫婦で来られていて、実は この映画の話を旦那さんのお母さんにしたそうです。

するとお母さんが 旦那さんに 云ったそうです。

あなたが3歳くらいの時 

「僕が生まれたとき おかあさんもしんどかったかもしれんけど
僕もしんどかったんよ。」

って 言ったよって。

まさか映画を見た本人に 胎内記憶があったなんて!!

びっくりです。
やっぱり 本当なのかもね!
改めて 映画観ました。数年前に紹介されて一度観たのですが 新ためて感動しました。

子供は ちゃんと親を選んでくること
産まれてくる目的は 人の役に立つため まず親を幸せにするため
お腹の中で いろいろなことを感じていること
兄弟は 約束して生まれてきていること
子供はちゃんと人生でなすべきことを知っていること

 池川先生の 「信じてなにも悪いことはないでしょ。信じた方が幸せでしょ。」という言葉。

子供に選んでもらったって思ったら、子育てでしんどい時も頑張れる気がします。
自分も一人の親として 子供にしてあげられることは サポートしかないなって感じました。
ついつい いろいろと押し付けてしまいそうになりますが。

世の中 目に見えないことの方が大切なものが多い気がします。
親子の愛、夫婦の愛、友情、信頼、人と人との縁 などなど

実際 妊婦健診をしていると いろいろなお話が聞けます。
同じような実際のお話を聞くにつけ やっぱり信じてみようを思っています。
その方が 幸せだから、、

観たかったっていう方がまだいっぱいいます。選ばれたお母さん幸せですね。

心がほっこりする、いろいろなことを考えた映画でした。

また来年 上映会をできたらいいな、、、


つい先日 妊婦健診のとき お母さんとお話をしていると、

3歳になる長男が 私が妊娠したかもって思ったときに ママお腹に赤ちゃんがいるよって言ったんです。そしてクリニックにいったら本当に妊娠していました。最近 男の子かな女の子かなって聞いてみたら 女の子だよって言いました。

まだ、妊娠初期なので男女はわかりませんが、本当に女の子だったら びっくりです!!楽しみ!!
最近 通っていただいている妊婦さんから興味深い話を伺いました。いつも おなかの赤ちゃんはいろいろなことを感じているよって、お伝えしています。
妊婦健診の時 {先生わたしお腹の中で経験したことを覚えているんです}って突然。どんなこと?? 私がお腹にいるとき 多分お母さんの妊婦健診だった思います。病院で 先生がお腹のお子さんは女の子ですよと言われた時 そこにいた兄が「え~~男の子がよかったのに!」って言ったんです。その時 おなかの中の私は大変ショックを受けました。それを覚えているんです。はっきりと。

お腹の中で 赤ちゃんはいろいろなことを感じながら生活しているんですね。
夫婦円満に過ごしましょう。赤ちゃんが心配しないように。
しっかりと 妊娠中から愛情いっぱいに関わってあげてください。
とても 喜んでくれるはずです。
先代院長が新谷産婦人科を開設して50年 私が新谷ウィメンズクリニックをはじめて20年となります。これは ひとえに地域の皆様に支えていただきながら頑張ってこれた賜物だと感謝しております。また クリニックスタッフ関係者のおかげでもあります。
これを一つの節目として 今後一層お役にたてる、安心できるクリニックとなれますようスタッフ一同頑張っていく所存です。
これから 新しい企画も考えております。

健診の素敵なお話

今日の健診 素敵なお話。4人目の赤ちゃんを妊娠しているママのお話です。
2歳の男の子が 「今日しっかり男の子か女の子か聞いてきて」っていったそうです。どうして??って聞くと 「もらったお年玉で赤ちゃんの服を買ったげるんよ。青がイイか赤がイイか わからんといけんから。」ママもびっくり、でもとっても嬉しかったそうです。2歳って!子供の感受性ってすごいですね。

今日 とても感動したお話。
7歳と5歳の男の兄弟がお母さんと一緒に妊娠初期の健診に来ました。
5歳の弟くん 開口一番。
サンタさんがね、プレゼントと一緒にお手紙くれたんよ!でね。お母さんのお腹に赤ちゃんがおるって書いてあったんよ!今日 確かめにきたんよ。本当かなあ??

じゃ 今から見るけど おったら教えてね。といいつつ超音波検査をしました。
あっ おった!!ママ いま動いたよ!!と歓声が上がりました。サンタさん すごいわ!!赤ちゃんプレゼントしてくれた。兄弟で大喜び。すごいサプライズ。

一枚ずつ 超音波の写真をプレゼントしたら めちゃ喜んでくれました。
ご両親の素晴らしい発想に感心しました。
忘れられないクリスマスプレゼントになったことでしょう。

お母さん これで、いっぺんに周囲にばれるな。と笑いながら帰って行かれました。笑

僕も忘れられない外来になりました。ありがとう!!
お腹の中で 赤ちゃん何してるんでしょう。羊水の中でぷかぷか リラックスして生活しています。

実際に興味深い話を聴きました。

知り合いのお母さんの話で、4歳くらいの女の子に ママの大好きな歌手の歌を初めて聞かせたそうです。
すると 女の子 「ママ この歌聴いたことあるよ。」
ママびっくりして 「いつ聴いたの??」
すると 「わたしがお腹の中にいるときに ママよく聴いていたでしょ!」

別の男の子の話

僕ね ママとパパが喧嘩しているのいやだったから、 そんな時はママのお腹 思いっきり蹴ってたよ。
そしたら 喧嘩やめてくれたから。

おちおち喧嘩もできませんね。

お腹の中の赤ちゃん いろんなことを聴き感じながら生活しているようです。
妊娠中のママ いっぱいお話したり語りかけてあげてくださいね。


生まれる前のことを覚えている子がいるという話 聴いたことがありますか。
子宮の中のこと、もっと以前生まれる前のこと。

子宮の中は、あったかいお水の中で気持ちよかった。
お産の時は、ジェットコースターに乗ったみたいだった。(これは うちの子供が言いました)
生まれる前にね、知らないおじさんとお空に浮かんでいて どこのうちに生まれたいかと聞かれた。
パパとママのところがイイって言ったら生まれてきた。
などなど。

で、実際診療していて 現実の話を聞いたので紹介します。

4-5歳になる女の子 今度お姉さんになります。
ママは何も聞かないのに、「私ね お母さんが優しそうだったから選んだの。」って言ったそうです。
お母さんうれしくて抱きしめたくなりました。
その後、「でもね あんまり優しくなかったの」と言われ 複雑な気持ちになったそうです。(ー_ー)!!

ある知り合いのママの女の子の話

不妊治療をして無事子供を授かったママなのですが、お姉ちゃん曰く。
「ママが呼んだから生まれてきたのよ。」

やっぱり偶然はなくて ちゃんと選ばれて親になってるんですね。

本当に選んでくれてありがとう。
生まれてきてくれてありがとう。
親にしてくれてありがとう。