院長ブログ

健診の素敵なお話

今日の健診 素敵なお話。4人目の赤ちゃんを妊娠しているママのお話です。
2歳の男の子が 「今日しっかり男の子か女の子か聞いてきて」っていったそうです。どうして??って聞くと 「もらったお年玉で赤ちゃんの服を買ったげるんよ。青がイイか赤がイイか わからんといけんから。」ママもびっくり、でもとっても嬉しかったそうです。2歳って!子供の感受性ってすごいですね。

今日 とても感動したお話。
7歳と5歳の男の兄弟がお母さんと一緒に妊娠初期の健診に来ました。
5歳の弟くん 開口一番。
サンタさんがね、プレゼントと一緒にお手紙くれたんよ!でね。お母さんのお腹に赤ちゃんがおるって書いてあったんよ!今日 確かめにきたんよ。本当かなあ??

じゃ 今から見るけど おったら教えてね。といいつつ超音波検査をしました。
あっ おった!!ママ いま動いたよ!!と歓声が上がりました。サンタさん すごいわ!!赤ちゃんプレゼントしてくれた。兄弟で大喜び。すごいサプライズ。

一枚ずつ 超音波の写真をプレゼントしたら めちゃ喜んでくれました。
ご両親の素晴らしい発想に感心しました。
忘れられないクリスマスプレゼントになったことでしょう。

お母さん これで、いっぺんに周囲にばれるな。と笑いながら帰って行かれました。笑

僕も忘れられない外来になりました。ありがとう!!