院長ブログ

映画 「かみさまとのやくそく」 を観ました。

改めて 映画観ました。数年前に紹介されて一度観たのですが 新ためて感動しました。

子供は ちゃんと親を選んでくること
産まれてくる目的は 人の役に立つため まず親を幸せにするため
お腹の中で いろいろなことを感じていること
兄弟は 約束して生まれてきていること
子供はちゃんと人生でなすべきことを知っていること

 池川先生の 「信じてなにも悪いことはないでしょ。信じた方が幸せでしょ。」という言葉。

子供に選んでもらったって思ったら、子育てでしんどい時も頑張れる気がします。
自分も一人の親として 子供にしてあげられることは サポートしかないなって感じました。
ついつい いろいろと押し付けてしまいそうになりますが。

世の中 目に見えないことの方が大切なものが多い気がします。
親子の愛、夫婦の愛、友情、信頼、人と人との縁 などなど

実際 妊婦健診をしていると いろいろなお話が聞けます。
同じような実際のお話を聞くにつけ やっぱり信じてみようを思っています。
その方が 幸せだから、、

観たかったっていう方がまだいっぱいいます。選ばれたお母さん幸せですね。

心がほっこりする、いろいろなことを考えた映画でした。

また来年 上映会をできたらいいな、、、